mv main
  • 施工実績○○件以上
  • スカイリフォームが築き上げた数々の実績と資格
  • スカイリフォームのこだわり
  • 私たちにお任せ下さい!

施工の流れ

施工前

flowphotosample

工事期間が近づいてきたら工事の進め方をご説明させて頂きます。

あなたのお家のカラーコーディネートを致します。色を決めるのには専門の知識が必要になります。

せっかく高いお金を払って塗るのですから慎重にあなたのお家に合う良い色を私達と一緒に決めていきましょう。

1.近隣挨拶

flowphotosample

施工様宅の工事決定後、近隣の方々へまず足場かけ・高圧洗浄・機械による騒音、また車の出入りなど大変ご迷惑をおかけすると思いますので、事前にご説明かたがたご挨拶廻りをさせて頂いております。

2.道具・材料の積込み・準備

flowphotosample

今日使う材料・道具を、倉庫から作業車に積み込んでいきます。そして忘れ物がないように、念入りにチェックします。

3.倉庫

flowphotosample

倉庫内を見れば、いい仕事をする会社かどうかが分かります。整理整頓ができていれば道具・材料の積み込みもスムーズです。

4.車

flowphotosample

皆さんは、良くペンキ屋さんの車って汚いと思われがちだと思います。ですが、職人の教育で車の清掃、片付けを週に1度必ず行っていて 常に清潔を保つようにしています。ペンキやペンキの入ったバケツがそこら中に放っている車だったら大雑把でいい加減な職人さんなのかなと思われてしまいますもんね♪

5.足場組前のまわりの環境の事前調査

flowphotosample

足場をかける前には、入念に建物のまわりのチェックをします。近隣の境目・植木・物置・車など、お施主様宅は勿論のこと、ご近所のお宅にも決してご迷惑をおかけしないよう最善の注意を払っています。

6.近隣との境目、花壇、物置について

flowphotosample

お客様の大切な植木や植栽、物置などにペンキが飛んだり、壊してしまったりということがないよう最初に写真や物の移動をきっちりチェックを行っておきます。

お隣さんの境界や植栽、物置の裏などもお客様としっかりと打ち合わせを致します。

7.足場組(作業)

flowphotosample

昔は木の丸太を組んでいましたが、最近はすべて金属製の足場です。組み立てるときに「カン、カン、カン!」という金属音がしますが、ごめんなさい。

しばらくご辛抱くださいね。

多少作業性が悪くなったとしても、お客様の出入り、通行に出来る限り不便のないように心がけて組み立てていきます。 お客様が接触する可能性がある部分には、クッション材を取り付け安全を確保します。

組み立て完了後は、塗料などの飛散を防止するためのシートを張っていきます。

8.車の駐車の仕方について

flowphotosample

場合によっては、駐車スペースがないお宅もありますので、お客様とのお打ち合わせは必要です。(月極駐車場を借りる場合もあります。)

9.高圧洗浄

flowphotosample

塗装面は長年の紫外線の劣化によりチョーキング(塗膜粉状)している場合が多いです。

それをきちんと洗浄で落とさないと、塗装の剥がれの原因になります。

10.カーシートをかけている様子

flowphotosample

これも近隣対策です。塗料が飛散しないように細心の注意を払っていますが、念には念を入れての対策です。

11.電気盤

flowphotosample

外壁がきれいになっても、この電気盤を塗らない業者さんが多いんですよ!

12.土間洗いサービス

flowphotosample

外壁や屋根の洗浄のあと、土間のコンクリートもついでに洗います。

「ブラシでこすってもコケやカビが落ちないのよ~」という汚れも、高圧の水ならキレイに流されていきます。

もちろんサービスですよ!

13.コーキング

flowphotosample

家を長持ちさせるのは、塗装も大事ですが下地補修の方が重要だという意識を持っています。

どのお客様も下地補修を一番期待しておられます。

14.養生

flowphotosample

アルミ、窓ガラス、タイルなど塗装をしない部分を汚さないようにビニールを貼ります。

非塗装部分をいかに汚さずキレイに塗るかがプロの職人の技です。

15.夏の不満

flowphotosample

どの季節も同じですが特に夏場は体調管理に注意が必要です。特に不満はありませんが夏場は蚊が多いですよね。一日に10か所以上刺された職人がうちにはいます(笑)

16.給湯器、室外機

flowphotosample

給湯器の浦、エアコン室外機の裏も、もちろんとそうできますよ。私たちはプロですから。

17.下塗り

flowphotosample

塗装面の素材や傷み具合に適した下塗り材を選びます。

どの下塗り材を選ぶのかによって、塗り替えの成功がかかっていると言っても過言ではありません。

2液型と言って、主剤と硬化剤を混合させて使う材料は、計量カップや量りで決められた混合割合をキッチリと守ることが大事なんです。

18.木部について

flowphotosample

木部も外壁や屋根のように下塗り中塗り上塗りと塗装していきますが木部の場合は、劣化が激しくカビや腐敗などが出てきてしまいます。なので木部の場合は、大半が最初にアク洗いという作業を行い、木部の汚れ、カビ、シミを取り除いていき、その上から防腐、防カビ効果のある保護塗料を使い、木部を塗っていきま す。

19.下塗り材の説明~

flowphotosample

下塗塗料には二種類の塗料があり、普通の塗料のように色のつく物と、半透明に仕上がるものがあります。次の段階の中塗りとの密着を良くするためなので、しっかり隅々まで丁寧に塗る必要があります。

20.外壁

flowphotosample

外壁には、数種類ありモルタル外壁・サイディングボード・トタンの外壁などが一般的になります。

塗料にも様々な種類がありその中から選んでいくわけですがグレード、値段の高い物を選べば良いというものではなく、あなたのお家の外壁に合った塗料を選んでいかないといけません。

塗料を選ぶ際は、私達と一緒に良い塗料を選んでいきましょう。

21.屋根

flowphotosample

屋根の塗装前はこんな感じです。今から傷んだこの屋根が生まれ変わります。

22.中塗り

flowphotosample

下塗りと上塗りの中間に塗りつける層のことで平滑な下地を作ることや上塗り材の補強が目的です。

一般的には、中塗りと上塗りは同じ塗料を使用しますが、よりキレイに仕上げてもらう為に色を少し変えてこともあります。

23.色替え

flowphotosample

写真でおわかりの通り、外壁とサッシの木枠などは同色で塗ってしまうとメリハリがなくなり、しまって見えないため、色分けをします。

24.ローラーと刷毛について

flowphotosample

私たちは手塗りを基本とします。手塗りの方法にはローラー塗りと刷毛塗りがあり、主にローラーは大きな面積を塗るときに使用します。刷毛は隅っこや細かいところ、色替え部分の塗り分けの時に使用します。刷毛塗りは職人の腕の見せ所だと私は思っています。

25.上塗り

flowphotosample

はい!私たちの手塗できれいに元通り。いやそれ以上にきれいになりました!

26.確認

flowphotosample

お施主様と共に、塗装の全行程終了後にきっちりチェックをさせて頂きます。足場に上がれないお施主様には、わたくし親方の清水・中谷が責任を持ってチェックさせて頂いております。塗り忘れなどないか、特に入念に検査致します。

27.掃除

flowphotosample

建物がきれいに完成致しましても、最後の最後でお庭の隅などに空き缶やタバコの吸い殻などがあっては、塗装屋としてゼロ以下です。特に最後の清掃は要注意の思いで心掛けおります。

28.足場ばらし

flowphotosample

足場は、組立ての時よりバラシが最も気を使います。一本一本を外して解体していく時、受け身の者が失敗して建物を傷つけたりと大変なご迷惑をおかけすることにもなりかねませんので、足場職人が一番気を使うところです。

29.施工後/記念撮影!

flowphotosample

「完成おめでとうございます~♪」ということで、お客様と職人と一緒の記念撮影をします。

のちほど工事工程写真と共にお渡しします。塗り替えリフォームの思い出にしてくださいね。でも強制ではありません。

「わたし、写真なんて恥ずかしいからいやよ~」という方もいらっしゃいます。

30.ご入金

満足してご入金☆「ありがとう」+保証書(満足と信頼の証ですね☆)

flowphotosample

そして、ご満足いただけたらご入金いただきます。ちゃんと保証書もお渡ししますのでご安心くださいね。

次に感激するのは、あなたです。
  • 0120-66-3207
  • 無料お見積はこちらから
  • 資料請求
  • お問い合わせ